【✨地域行事を盛り上げてコミュニティを再興✨】

旧暦の8月十五夜に行われる糸満の2大行事「糸満大綱引き」

行事で使う綱は、字糸満の各部落が分担して小綱を作り、本番当日の朝に実行委員会を中心にして一気に編み上げます。

しかし、この綱づくりが現在危機的な状況にあります!!

参加者の人数の減少や高齢化が進み、綱づくりそのものが地域の負担となっているのです。

その年の五穀豊穣を願う伝統行事。

本来は地域のみんなで関わり、参加することに“意義”と“誇り”を持って運営されるべきものだけど、時代とともにイベント化され、継承されるべき大切なものがボヤけていたり、見えなかったり。

こんな現状が参加者減少につながっているのかもしれません。

そこで、これはどげんかせんといかん、と立ち上がったのが「糸満の十五夜行事を考える会」!!💪



新川区の区長さんを中心に有志で集まり、まずは小綱づくりと本番当日の道ズネーの参加者を増やそうと夜な夜な作戦会議をしています🌕

当社代表の上原も、まちづくりNPO糸満365のメンバーとして、本日よりその会に参加させてもらうことになり、9月17日(日)の朝に行われる小綱づくり、当日の道ズネーに参加したい方を募集いたします^ ^

後ほど、イベントページを立ち上げますので、興味のある方はそちらからぜひご応募くださいまし✨

ZOXIOL合同会社

明日のくらしを考え、つくる、地域のサポーター